避けられない有害ミネラルを普段の食事で防ぐ方法とは

避けられない有害ミネラルを普段の食事で防ぐ方法とは

bsGREEN_kamehameha

これまで、代表的な有害ミネラル(金属)である、「水銀」「」「ヒ素」「カドミウム」について解説してきました。

 

詳しくは各記事をご参照いただきたいのですが、これらは日常生活の中で、水、空気、食べ物からあらゆる形で体の中に入ってくるため、防ごうと思っても防ぎきれるものではありません

よって、「入ってくるものをゼロにする」という思考から「入ってきたものを出す」という”デトックス”の思考へとチェンジする必要があります。

 

今回は、普段の食生活の中でもできるデトックスの方法をご紹介したいと思います。

 


 

防ぎきれない有害ミネラルをデトックスする方法

ミネラルファスティング

まず一番は、ファスティングです。

ファスティングについては、過去にたくさん記事があるので、こちらからお読みください。

ただし、自己流のファスティングは逆に健康を損なう危険性もあるため、実施の際は専門家の指導を仰ぎましょう。

今回はあくまで、日常生活でできるデトックスのポイントをメインにお話します。

 

水や食物繊維、乳酸菌などをとる

有害ミネラルはなかなか出て行かないものもありますが、日々の排便(便、尿)や汗でいくらかはデトックスすることが可能です。

そのためにはしっかりと水分をとることと、腸内環境を整えておくことが重要です。

 

無理なダイエットなどで食事量が少ない女性や、野菜・海藻・きのこ・果物などの摂取が少ない男性では食物繊維が不足している可能性があり、これが便秘の原因になります。

また、乳酸菌などの腸内の善玉菌が元気になる栄養素をとることも大事。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌よりも、味噌や糠漬けなどの植物性乳酸菌の方が胃酸などにも負けずに腸で能力を発揮できます。

 

必須ミネラルを十分に補給する

有害ミネラルは体にとって害のなすミネラルですが、鉄やカルシウム、亜鉛、マグネシウムなど、健康を維持するために必要なミネラルのことを必須ミネラルと言います。

必須ミネラルは骨や歯などの体の一部の構成要素になったり、代謝酵素が働くために必要な、とっても大事な栄養素ですが、現代人が不足しやすい栄養素です。

 

この必須ミネラルには、有害ミネラルの吸収を妨げたり、排出を促したりして、体の外に追い出す働きがあります

たとえば、カルシウムや鉄はカドミウムの吸収を抑えたり、セレンは硫黄と結びつくと、水銀、ヒ素、鉛、カドミウムを無害化してくれます。

 

さらに、亜鉛をとることによって、メタロチオネインという、デトックスたんぱく質が作られます。

メタロチオネインは有害ミネラルとくっつき、無毒化させる働きを持っています(ただし、体の外に出してくれるわけではないため、体のデトックス能力も高い状態に維持しておく必要があります)。

 

必須ミネラルはさまざまな食品に含まれていますが、特に野菜、海藻などを意識してとりたいところです。

いつも食べている白米に雑穀を混ぜると手軽にミネラルが補えます。

土壌中のミネラルが不足して野菜に含まれるミネラルが減っているので、食事で補いきれない部分は良質なサプリメントで補給するのもおすすめ。

 

薬味をたっぷりと使う

ニンニク、ネギ、ショウガなどの香味野菜には、血行を促進させたり、代謝を向上させる働きがあり、これがデトックスにつながると言われています。

昔からこういった薬味は”毒消し”の効能があると言われてきましたが、まさにその通りの働きがあることがわかってきたのです。

 

食事をする時はなるべくこういう香味野菜をたっぷりと使うようにすると、デトックス効果が向上するだけでなく、料理が薄味でも美味しくなったりして減塩効果もあります。

 

まとめ

食品添加物や残留農薬、トランス脂肪酸などに比べて取り上げられる機会の少ない、地味な有害ミネラルですが、意外と身近に存在していて、人体にさまざまな影響があるということがわかっていただけたかと思います。

 

あなたがより健康的になったり、今抱えている不調を解決できる鍵は有害ミネラルにあるかもしれません。

心配な方は、ぜひ一度、毛髪ミネラル検査を受けてチェックしてみましょう。

 

【 関連記事 】

米 “コンビニおでんが危険!”のニュースを見て、過剰に反応している人たちへの違和感

米 糖質制限をしなくても、ファスティングによってケトン体が増える

米 サプリメントは必要?食事だけで栄養をとることは可能か

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー