2分で早わかり!人に話したくなる「麹」の話

bsPAK85_desk15215645

2011年に火が着いた塩麹ブーム。

今ではスーパーでも塩麹が調味料として売られていたり、飲食店でも”麹”を活かしたメニューが定番化しています。

しかし、言葉が有名になった一方で、「麹って一体何者?」ときちんと理解していない人も多いのでは。

ネットで検索してもわかるようなわからないような…。

ということで、今回は麹の正体について、分かりやすくご紹介しましょう。

 


 

「麹」とはどんなもの?

麹の正体

麹は、麹菌というカビ(糸状菌)の一種を蒸したり煮たりした穀物(米、麦、豆など)にくっつけて、生やしたもの

つまり、一言で「麹」といっても、お米に麹菌がついているものもあれば(米麹)、豆についているもの(豆麹)もあるのです。

 

この「麹」という感じは中国由来の漢字ですが、こうじは「」とも書きます。

「糀」は江戸時代に日本人が作った国字。

麦で麹を作ることが多かった中国でしたが、日本ではお米で麹を作ることが多かったため、特に米麹のことを「糀」と言います。

お米に麹菌が生育している様子を”米に花が咲いているよう“と表現した日本人の感性に美しさを感じます。

 

日本にしかいない麹菌

世界を見渡して、麹による発酵文化がある場所はアジアぐらいしかありません

ヨーロッパでもチーズにカビを生やすという食文化はありますが、それぐらいで、アジアほど多様ではありません。

これには、多湿を好むという麹菌の特性が関係しています。

 

しかも、そんなアジアの中でも日本は非常に特殊な麹文化を持っています

日本では米や麦、豆などを蒸したり煮たりして、その一粒一粒に麹菌をつけていき、利用します。

これを散麹(ばらこうじ)と言います。

 

一方、他のアジアの国々では、穀物を一度粉砕して粉にし、それを練り固めて餅状にしたものに麹菌をつけていきます。

これを餅麹(もちこうじ)と言い、日本の麹とは明確に異なるものなのです。

 

それだけでなく、日本でよく発酵に使われている「アスペルギルス・オリゼー」というカビは、日本の気候でしか生育することができません

その特徴から、この菌は日本の国菌にも指定されています。

 

このように、日本の麹文化は世界広しと言えども唯一無二

完全に独立していることがわかります。

 

まとめ

今回は麹がどんなものなのかをまとめてみました。

次回は、麹の働きと日本の食文化への貢献をお話しましょう。

⇒ 麹の働きと日本の食文化への貢献

 

【 関連記事 】

※ 自宅で手軽に!作るのも使うのも簡単「塩麹」「醤油麹」を作ってみよう

※ 読書の秋到来!管理栄養士が選ぶ「今、読みたい食の本」5選

※ 一体どれが正しいの?ネット上の情報を見極める3つのポイントとは

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー