自宅で手軽に!作るのも使うのも簡単「塩麹」「醤油麹」を作ってみよう

こんにちは。管理栄養士の圓尾です。

一時期を境に一気にブームになった塩麹、完成品を手に入れることもできますが、オススメは手作りのマイ塩麹

 

メチャメチャ簡単に作れて一度作れば冷蔵庫で半年以上もつ、お手軽調味料です。

今回はその作り方を、写真つきでわかりやすくご紹介します!

 

超簡単!手作り塩麹・醤油麹作り方指南

手作り塩麹編

用意するもの

  • 糀(500g)
  • 塩(150g)
  • 水(500ccほど)

※糀の量に応じて、塩と水の量を比率をそのままに調整してください。

 

糀はぜひ、糀屋さんが作っている生の糀を使いましょう!

都内ですと、御茶ノ水にある天野屋さんがオススメです。

ファイル_000

通販もあり。

数百年も続く地下の土室で作られた糀は絶品です。

 

塩ももちろん天然製法のものを。

 

作り方

ファイル_002

ファイル_0031. 糀をボウルに入れ、手で揉みほぐしてバラバラにする。

 

ファイル_004

2. 塩を加え、数分間揉み込んでいく。握って少しまとまりが出てくるぐらいまで揉む。

 

ファイル_001

3. ボウルの中に少しずつゆっくりと水を注ぎ入れ、手でなじませる。

4. 保存容器に入れ、常温で1週間〜10日間発酵させる。毎日一回はスプーンでかき混ぜる。もし水が足りなかったら適宜水を足す。

※出来上がったら冷蔵庫に入れて保存しましょう!だいたい半年ほどはもちます。

 

手作り醤油麹編

用意するもの

  • 糀(200g)
  • 濃口醤油(200cc)

醤油は伝統的な製法で作られた美味しい醤油を使いましょう。

元禄時代創業、醤油発祥の地、紀州(和歌山)の老舗の三ツ星醤油。

自然に任せた古式製法で作られる醤油。200年以上の歴史によって作られた極上の一滴。

 

この二つがオススメです。ご参考まで。

 

作り方

1. 糀をボウルに入れ、手が揉みほぐしてバラバラにし、少しまとまりが出るまで揉み込む。

ファイル_005

2. 醤油を回し入れ、とろみが出るぐらいまでゆっくりと混ぜる。

 

ファイル_006

揉み込んでいきます。

ファイル_007

完成!!

3. 保存容器に写し、ふたをして常温で夏なら10日間程度、冬は2〜3週間ほど発酵させて完成。一日一回はふたを空けてスプーンでかき混ぜる。

※醤油糀は冷蔵庫で半年ほどもちます。

使い方

塩麹は塩がわりに、醤油麹は醤油がわりに気軽に使えます。

いろいろ試してみるとおもしろいですが、肉や魚を漬けて焼いても美味しいですし、卵焼きの味付けにも良し。

 

普通の塩や醤油とくらべて、自然な甘みと複雑な旨味に感動しますよ!

塩麹や醤油麹はどこの麹を使うかによっても味が変わってくるので、全国いろいろな麹屋さんの麹を取り寄せて作ってみるのもおもしろいです。

自分が作った調味料で作る料理は特別感あります^^

ぜひ、お試しください!

 

【 関連記事 】

※ 「食べないダイエット」ファスティングが苦行というのはウソ?! あなたもすぐできる「ゆる断食」

※ “おいしい”の基準を変える!絶品土鍋ごはんの秘密に迫る

※ ダイエットにも良いと注目の視線!和菓子の良さを再発見

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー