「意外にイケる!」最近やってみて美味しかった味噌汁の変わり種具材3つ

「意外にイケる!」最近やってみて美味しかった味噌汁の変わり種具材3つ

こんにちは。

管理栄養士の圓尾(まるお)です。

初めての方は、こちらからどうぞ

 

野菜類がたっぷりとれる上に

発酵食品である味噌もとれる味噌汁。

 

ぜひとも毎日の食卓に登場させたい一品です。

 

味噌汁といえば和ごはんの代表的存在ですが、

意外に洋野菜も合います

 

そこで今回は、

最近やってみて意外に美味しかった変わり種の具材

3つご紹介したいと思います!

 

※ 12種類の味噌汁レシピも収載!『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中


 

「意外にイケる!」最近やってみて美味しかった味噌汁の変わり種具材3つ

1、「ブロッコリー」×「厚揚げ」

ブロッコリーが日本に入ってきて

一般的に食べられるようになったのは1980年代。

 

かなり新参者ではありますが、

スルフォラファンというファイトケミカルを含み、

これがガンを防ぐ作用があると注目されています。

 

油揚げはよく味噌汁に入りますが、

厚揚げを入れると一気に食べごたえが出ますよ!

 

出汁をとったいりこも一緒に食べる

カルシウム摂取になりますね。

 

2、「トマト」×「アスパラ」

トマトとアスパラの共通点、

それは、ともにオランダから伝わり、

当初は観賞用だったということ。

 

明治頃から徐々に食用として広まったそうです。

 

トマトはイタリアではソースのベースに使われるぐらい

うま味のグルタミン酸を含んだ食材です。

 

トマトを味噌汁に入れると

途端に”ミソスープ“感が増します。

 

3、「ズッキーニ」×「きのこ」

ズッキーニは世界的にも食用にされたのが新しい野菜で、

ヨーロッパでも本格的に食べられ始めたのは

ここ50〜60年のことだそう。

 

日本では本当にごく最近ですよね。

僕が子どもの頃はスーパーにも置いていなかったと思います。

 

そんなズッキーニはきゅうりっぽいフリをしていますが、

実はかぼちゃの仲間

 

でも料理で使っていると

ナスに近い感覚で使えますね。

 

味噌炒めにしても美味しかったですよ!

 

まとめ

ということで今回は

変わり種の味噌汁の具をご紹介させていただきました!

 

いや〜、それにしても

新参者の洋野菜たちをものの見事に美味しく包み込んでしまう

日本の味噌の度量の広さには感服いたしますね。

 

ぜひ皆さんも

既存の枠にとらわれず、自由な味噌汁生活を楽しみましょう!

 

※ 初めての著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中!!

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー