圧倒的!「世界一」を自称するのは伊達じゃない 「鮨大内」がスゴかった

圧倒的!「世界一」を自称するのは伊達じゃない 「鮨大内」がスゴかった

こんにちは。

管理栄養士の圓尾(まるお)です。

初めての方は、こちらからどうぞ

 

オーガニックや無添加を謳う飲食店は数多くあれど、

お鮨屋さんでとなると、そうそうありません

 

無添加の鮨屋がある

 

そう聞いてずっと気になっていたお店がありました。

 

渋谷と表参道の中間あたりにある

鮨大内」さんです。

 

ここのお鮨がガチでスゴかったのでご紹介します。

 

※ 『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中


 

圧倒的!「世界一」を自称するのは伊達じゃない 「鮨大内」がスゴかった

場所は渋谷の宮益坂をずーっと登っていったあたり。

渋谷駅から徒歩5分ぐらい。

 

オーガニック」の垂れ幕がひときわ目を引きます。

 

世界で一番安心

スゴい自信です!

 

訪れたのは平日のお昼どき。

 

店内は女性客が何組か。

カウンターとテーブルの席です。

 

お店の壁にはこんな張り紙が。

 

ランチメニューの握りの真ん中のものを注文。

たしか2000円ぐらい。

 

テーブルの上に置いてあった説明書き。

 

米は自然栽培、

発酵物は天然菌、

無肥料無農薬無漂白のかんぴょう?!!

 

おいおい、ここまでこだわっているのか?!

 

と、思わず面食らうぐらいの内容です。

 

さあ、お鮨が握られました。

 

で、食べていったのですが、

もうホントにビックリしました。

 

こんなお鮨食べたことない!!

 

いわゆる高級鮨とは次元の違う美味しさでした。

 

なんというか、美味は美味なのですが、

口に入れてかみ始めると、

 

そのそばから自分の体の細胞と鮨が同化していくような

感じたことのない感覚でした。

 

魚もすべて天然物だそうです。

 

特に煮穴子なんかは豆腐のようにやわらかく、

そしてタレの自然なうまみが絡まって

思わず目を閉じて食べてしまいました

 

気を抜くと涙が流れそうなぐらい

感激しきり。

 

 

帰り際、「美味しかったです」と告げると

 

ちょうど今度お鮨の会があるので良かったら……

とお誘いいただいたので、それも参加することにしました。

 

 

その日のお品書き。

期待感MAX.

 

大将の大内さん。

この地で30年以上もお鮨屋さんを営んでいるとのこと。

 

最初は化学調味料を使わないお鮨を出したいということで

お店をオープンしたのですが、

 

訪れる本物志向のお客さんに

なぜ魚は養殖を使うんだ

なんでこんなガリを使っているんだ

 

と、いろいろ意見をもらい、

少しずつ変えていったら今の状態になったとのこと。

 

 

それにしても大内さんの知識量がスゴすぎて、

そのへんのなんちゃってオーガニックレストランが

青ざめるんじゃないかと思います。

 

さて、お鮨のお出ましです。

 

はあ〜っ……、やっぱり美味しいっ!

 

くわ〜〜〜っ、もうホント思わず目を閉じてしまいます。。

 

こちらはふぐの白子。

この上なくクリーミーで、

今も写真を見ながら唾液がわいてしまいます。

 

キンメダイ。

好きなんですよね〜。

 

ウニもまったくエグみや臭みがない。

 

この大トロは、アカン……。

 

この歳でこの美味しさを知ってしまったら

残りの人生どう生きていけばいいの?

 

煮穴子!

二回目でも感動してしまう美味しさ……。

 

出汁巻きを食べればその鮨屋の実力がわかる

 

なんて聞いたことありますが、

平飼い卵ほど体の細胞が喜ぶものはないでしょう。

 

最後はどら焼きまで出していただきました!

 

甘さ控えめ……。

そう、これでいいんですよね〜。

 

ということで、身も心も大満足なお鮨の会でございました。

 

まとめ

ということで、確かに

世界一のお鮨だなと納得のお店です。

 

これからしばらくは

定期的に通わざるを得ないぐらい

僕の中で圧倒的な存在感のお鮨屋さんでした。

 

それにしても、江戸時代に生まれた今のお鮨ですが、

 

当時はみんなこんなお鮨を食べていたんだよなあ。。

 

 

当たり前のようにオーガニック(無農薬・自然栽培)、

そして魚も天然。

 

今はこんなお鮨を食べられるお店なんて

ホントにここ以外ないんじゃないかと思います。

 

まったく昔と今と、

どちらのほうが美味しい食べ物を食べているのかわかりませんね。

 

どんなものにも化学調味料やそれに類するものを入れられ

ほら、これで脳は美味しいと認識するだろ?」って

消費者も完全になめられたものです。

 

 

大将もおっしゃっていましたが、

これまで添加物漬けで暮らしてきた人は

このお鮨の魅力が最初はわからないかもしれません。

 

そういう方はぜひファスティングして

身体を自然に戻しましょうね笑。

 

こういうお店が増えてほしいですが、果たして……。

 

 

※ 鮨大内ホームページはこちらから

 

※ 初めての著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中!!

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー