ファスティングするたびに僕という人間はバージョンアップしていく

ファスティングするたびに僕という人間はバージョンアップしていく

こんにちは。

管理栄養士の圓尾(まるお)です。

初めての方は、こちらからどうぞ

 

昨日まで五日間のミネラルファスティングを実践し、

今日から復食に入っています。

断食明けのおかゆの味は

何度体験しても感動します

 

先だってはタレントの

きゃりーぱみゅぱみゅさんがファスティングしたとのことで、

テレビやインターネットでも話題になっていました。

 

 

だいぶ世の中にファスティングが

浸透してきているようで嬉しい思いです。

 

もっとも、彼女の場合は

それ以上痩せなくていいよ!

という心配の声がファンたちから

上がっていたようですが。

 

もちろん、ファスティングはダイエットにもなりますが、

(ファスティング三日目で結構絞れてきたなという写真)

 

それ以外にもいろんな効果があります。

 

そしてファスティングする理由も

人それぞれです。

 

今回は、僕がなぜファスティングするのか

というお話をさせていただきます。

 

※ 初めての著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中!!


 

ファスティングするたびに僕という人間はバージョンアップしていく

ファスティングすると、自分が生まれ変わる

僕がファスティングする理由。

 

それはズバリ、

生まれ変わるためです。

 

もちろん体の中に溜まった余計なものを

デトックスできるのも魅力なのですが、

 

それ以上に個人的に気に入っている効果が

この”自分自身の生まれ変わり“なのです。

 

ファスティング中はなるべくゆったり過ごす

僕はファスティング中は

わりとゆったりと過ごすようにしています

 

もちろん仕事もしますが、

あまり大事な予定は入れないようにして

 

映画を見たり本を読んだり、

少し肩の力を抜いて

頭が柔らかくなるような過ごし方をするように

心がけています。

 

そしてよく眠ります

 

長い時だと8時間ぐらい寝て、

その上さらに昼寝までしちゃいます。

 

今回は、前に住んでいた場所を訪れてみたりしました

 

かつて降りていた駅で電車を降り、

かつて住んでいた家を訪れ、

かつて通勤していた経路をなぞってみました。

 

ああ、あの時はこんなことを考えていたな

この場所にはこんな思い出があるな

 

そんなことをしていると、

独立する前のサラリーマン時代の

自分の考えていたことが思い起こされました。

 

こんなふうにして、いつもはやらないこと

時間を使ったりしています。

 

 ファスティングが終わると覚醒モードに…

さあ、そして断食期間が終わると

カチーン!とモードが切り替わります。

 

ふつふつふつふつと、

胸の底からマグマのように湧き出る活力

 

それが一気に吹き上げてきます。

 

一体どうなるかというと…、

 

1、寝なくなる

断食が終わると、

夜眠くなくなります

 

布団に入っても寝られません。

というか、いてもたってもいられなくなります。

 

全然眠くないのです。

 

睡眠時間はいつもの半分以下、

スゴい時は一睡もしないまま翌朝を迎えます。

 

でも、体は至って元気なのです。

とにかく疲れない

 

寝ている時間がもったいない

そんな感じです。

 

ちなみに、睡眠計測アプリで計測したところ、

ファスティング明けは明らかに睡眠状態が

異なっていることがわかりました。

 

2、脳がフル回転する

ファスティング明けは

頭の回転が明らかに通常とは異なります

 

情報の処理速度が格段に上がります。

 

会話のテンポも早くなり、

メールなどの文章作成も早くなります

 

ファスティング明けの僕に会って話した友人に

今日どうしたの?!」と驚かれたことが何度もあります。

 

情報処理速度が速くなるだけではありません。

想像力もすごく豊かになります

 

いろんなアイディアが次々にわいてきます。

 

これはおもしろい!」という企画を思いついたり、

悩んで答えの出なかった課題に対して

あっけなく良い考えが浮かんできたりします

 

ファスティング明けはこういうこともあって、

まさに”寝ている暇さえ惜しい“状態になるのです。

 

3、習慣が見直せる

ファスティングをすると、

これまで気づかなかった事に気づかされます

 

これまで毎日見ていた物事を

違った角度から見られるようになります

 

たとえば、毎日ルーティンでしていた仕事を

あ、こうしたらもっと作業効率上がるわ

と気づいたり、

 

部屋の家具の配置や

物の置き場所、分類法などの改善策が思いついたり、

 

普段当たり前のようにしていて

無意識に行っていたことを

改めて見つめ直す新たな視点が与えられるのです。

 

これ、細かいことに感じられるかもしれませんが、

実はものすごく生活の質が上がる結果を生み出します。

 

まとめ

僕はファスティングをするたびに生まれ変わる。

 

毎回毎回、

ファスティングをするごとにそう思います。

 

それはファスティングによる体内の細胞や

ホルモン、遺伝子の変化などが絡み合って起こることでしょう。

 

それと単純に、

「食べる」という365日、毎日毎日

当たり前のようにしている行為を

 

一旦中断することによって、

日々の惰性的な流れから一旦離脱し、

 

また新たな気持ちで日々を過ごすという

そんなきっかけとして作用しているのではないかと思っています。

 

ファスティングを知った自分は

ファスティングを知らない人生が考えられません。

 

ファスティングってずるい……

と、本気で思うぐらいです。

 

ファスティングに出逢えたことに

ただただ、感謝です。

心から。

 

この記事を読んでいる読者の皆さんにも

遅かれ早かれ、

人生のどこかのタイミングで

ファスティングとのご縁がありますように。

 

※ 初めての著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中!!

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー