4月24日発売しました!はじめての本「一日の終わりに地味だけどホッとする食べ方」

こんにちは。

管理栄養士の圓尾(まるお)です。

初めての方は、こちらからどうぞ

 

4月24日に

はじめての僕の本が発売されました!

 

タイトルは

一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方

ワニブックスさんからです。

 

4月24日発売決定!はじめての本「一日の終わりに地味だけどホッとする食べ方」

どんな本?

日本の伝統食である和食。

そんな和食を中心とした

体にやさしい食べ方を考える本です。

 

和食といっても

一流の料理人が作るようなたいそうなものではなく、

 

家でパパッと作れる

和ごはん“を紹介しています。

 

すぐに使える写真つきの和ごはんレシピから

家で簡単に作れる発酵食品の作り方

土鍋でのごはんの炊き方など

実用的な情報も満載です。

 

今はさまざまな健康情報が飛び交っています。

 

低糖質やグルテンフリー、

添加物や農薬、遺伝子組み換えやトランス脂肪酸の危険性

 

これって本当のところはどうなの?

そんな疑問にも僕の考えを明確に示しています。

 

タイトルからは想像できないような

幅広い情報をきっと得ていただけるはずです。

 

こんな人に読んでほしい

健康や美容、食に対して興味のある方

「いつもハツラツと元気でいたい」

「歳を重ねても若々しくありたい」

「心も豊かな人生を送りたい」

 

そんな思いを持っている方にぜひ読んでいただきたいです。

 

食はすべてに基本になる、とっても大事なもの。

 

でも、専門知識のない人からしたら

奥が深すぎていったいどこから知っていけばいいのか

わからないことも多いです。

 

この本ではイラストなどもふんだんに使いながら

わかりやすい言葉を使って読みやすい本になっています

 

専門書という感覚ではなく、暮らし方の提案として、

読み物感覚で手にとっていただいてもご満足いただけると思います。

 

全国の栄養士・管理栄養士

ハッキリ言って、

食に対しての視野が狭い栄養士が多いです。

 

なんて偉そうに言う僕もかつてはそうでした。

 

学校で叩き込まれた栄養素ばかりに意識がいき、

そもそもの食べものについて考えることなど

ほとんどありませんでした

 

たとえば目の前に肉じゃがが置かれていた時に、

 

その肉じゃがを作るための出汁は

顆粒だしですか?それとも鰹と昆布からとった出汁?

 

その鰹節はどこでどうやって誰が作っているのでしょうか。

じゃがいもは、にんじんは?

 

アメリカ産牛肉と国産牛肉の違いは何でしょうか。

 

そもそも和食の定番のように思われている肉じゃがは

いつ生まれた料理なのでしょうか。

 

栄養素だけしか見ていないと

見えないものがあるんです。

 

人に食のことを伝える専門家として

ぜひそんなことを考えるきっかけの一冊にも

していただけたらと願っています。

 

全国の栄養学生さん

ハッキリ言います。

 

僕は学生の頃、学校の教科書以外の食の本など

一冊も読んだことがありませんでした。

 

そのことを今は悔いています。

 

学生の頃に

学校の教科書だけではなく、本屋さんに売られている

食や栄養に関する本を読んでおけばよかったと。

 

そうすれば、どれだけ視野が広がったかわかりません。

 

栄養士はこれからの日本の未来がかかっています。

それほど意義のある職業なのです。

 

その一翼を担っていく今の学生さんに

ぜひこの本を手にとっていただきたいです

 

「本が苦手だ」という方も、この本なら読めるはずです。

ぜひ、この本を読んで友達と感想を話してみてください

 

きっと、自分のやりたいこと、

未来の選択肢がグッと明確になると思います。

 

僕がこの本で一番伝えたいこと

この本のことが少しでも気になっている人、

ぜひ、本屋さんで

あとがきだけでも読んでみてください。

 

僕が今一番伝えたいこと、

それはすべてあとがきに書きました。

 

この5ページ

 

この5ページだけでも立ち読みでいいので

目を通してみてください。

 

この5ページを読んでも

何も胸に響かなかった方は

もしかしたら今は読むタイミングではないかもしれません。

 

ですが、

この5ページを読んで心を動かす何かがあったとしたら、

ぜひ買って読んでみてください。

 

きっときっと

あなたの人生が食を通してもっと豊かになるはず。

 

きっときっと

毎日がもっと楽しくなるはず。

 

 

僕はかつて病院で管理栄養士として働いていた時、

食が原因で病に苦しむ方をイヤというほど見てきました。

 

でも食は本来はもっと喜びであるはずです。

 

特に現代は食がこれだけ豊かで、

いつでも何でも食べられるわけですから。

 

食で苦しむ人ではなく、

食で喜ぶ人を増やしたい。

 

食を通してもっともっと人生を豊かに生きられる人を増やしたい。

 

届け、僕の想い。

 

その想いをすべて込めて書いたのが今回の本です。

 

どうか、一人でも多くの方の手元に届きますように。

 

ご購入はこちらから

全国の書店でも販売されていますが、

大手通販サイトのAmazonからのご購入が手軽です。

 

※ 早速「食」の本カテゴリーで

トップ30位にランクインしました!

店頭でもぜひ手にとっていただきたいですが、

どの本屋さんに置かれるかはわからないので、

 

興味を持っていただいた方は

ぜひこちらからご購入ください。

 

この本が売れないと日本はマズい

 

僕は本気でそう思っています。

ぜひ、ご購入いただき、お読み下さい。

 

また、読んだ方はぜひ

Amazonのレビューに感想を書いてください。

 

「共感した」「気付きが得られた」

または

 

「この意見には反対だ」「私はこう思う」

そういったご意見もすべて貴重です。

 

ぜひ、読んだ感想を聞かせていただけると嬉しいです。

 

 

僕にとって本を出すことは

独立してからの夢でした。

 

その夢が叶うことにただただ感謝の思いでいっぱいです。

 

これまで関わってくださったすべての方に

ありがとうの気持ちを込めて。

 

これからも管理栄養士として

多くの人の幸せのお手伝いができるよう

精進を続けていきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【追記】

Amazonの「食・栄養」カテゴリの

新着本ランキングで一位をいただきました!

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー