フリーランスでしっかり収入を取るためにまずやるべきたった一つのこと

こんにちは。

管理栄養士の圓尾です。

初めての方は、こちらからどうぞ

 

フリーランスの世界は

サラリーマンとは収入のとり方が

まったく違います。

 

よく”不安定“と言われるように

フリーランスの収入は

安定しないことが多いです。

 

いえ、正確に言うと

“一定ではない”

というほうが正しいです。

 

今回の記事では、

フリーランスとして

しっかり収入を得るために

まずやるべきことをお伝えいたします。

 


 

 

フリーランスでしっかり収入を取るためにまずやるべきたった一つのこと

フリーランスの収入は自分で決められる

決まった月収があるサラリーマンに対して、

フリーランスはほとんどの場合

月の収入が決まっていません。

 

先月に比べて増えることもあれば

減ることもあります。

 

倍になることもあれば

半分になることもありえます

 

「月収が半分になる」

というと不安に思えますが、

 

月の収入を安定的に入る”基礎分“と、

偶発的に入る”積み立て分“に分けて構築すれば

最低限のベースを守ることができます。

 

このことはまた改めて書きたいと思います

 

閑話休題。

 

ここで僕が言いたいのは、

フリーランスの収入は

自分で決められる“ということです。

 

まずはこれだけ「自分がいくら必要なのかを紙に書く」

よって、まずは

自分が目標とする月収額を決める

ことが肝心です。

 

決めたらそれを紙に書きます。

 

しかし、この時に

サラリーマン時代に身についた

お金に対するイメージが邪魔をします

 

たとえば、

 

  • 月収20万円 ⇒ ちょっと少ない…?
  • 月収30万円 ⇒ まずまず
  • 月収50万円 ⇒ 高給取り
  • 月収100万円 ⇒ 富裕層!
  • 月収1000万円上 ⇒ ???!!!

 

こんな感じでしょうか。

 

統計を見ると、

20代の平均年収は354万円だそうです。

(参考: 平均年収ランキング2016 – DODA

 

ボーナスもありますが、

月収にすると29.5万円です。

 

気をつけないと目標月収を考える時に、

無意識にこの金額を基準に考えてしまいます。

 

ホントは60万円といきたいけど、

平均月収の倍なんて無理そう……。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

この”平均月収”というのは

どうやって決まっているのでしょうか。

 

これは経済状況をふまえて、

みんなが”それなりの”生活ができるようにと

自然と収まっている数字です。

 

自分が目標を立てる時に

この数字に影響される必要はないのです

 

この数字はまったく無視して、

自分が得たお金をどう使うのか、

なぜその金額が必要なのか、

 

こういったことを具体的に考えて

自分の目標月収を決めていきましょう。

 

お金に関してはいろいろと

深い話がいっぱいあるのですが、

 

まずはとにもかくにも

明確な金額の目標を立てることから始まります。

 

 

お金は必要としないと入ってきません。

 

なんとなく漠然と

お金をたくさん稼ぎたいなあ…

という気持ちで自然に収入が

増えていくようなことはないのです。

 

フリーランスを目指す人は、

サラリーマンとフリーランスでは

お金のルールも違う

ということをぜひ学んでいきましょう。

 

お金に関するイメージもお話します。

3月25日(土)14時より開催

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー