ウォーターサーバー VS 浄水器 両方使ってみてそれぞれの利点を比べてみた

こんにちは。管理栄養士の圓尾(まるお)です。

(初めてのかたは、こちらからどうぞ

 

これまで二年間、ウォーターサーバーを使っていたのですが、

 

二年間の契約が終わり、これを機に浄水器に転向することにしました

 

今回の記事では、浄水器を使ってみた感想とウォーターサーバーとの比較をしてみたいと思います。

どちらを導入しようとお考えの方の参考になれば幸いです。

 


 

ウォーターサーバー VS 浄水器 両方使ってみてそれぞれの利点を比べてみた

導入した浄水器

今回導入した浄水器がこちらです。

 

購入の決めては、”高除去“タイプで不純物の除去能が高いことと、

カートリッジの使用量がデジタル表示で確認できる点です。

 

この使用量表示がないものだと、カートリッジの交換時期を明確に知ることが困難です。

ちなみに、カートリッジは一個3000円ほどで、一つで600リットル持ちます

 

取り付け手順

 

 

まずは蛇口の先の部品を外します。

これが……

こうなります。

僕の場合、このネジが手では外れなかったので、Amazonでプライヤーを購入してこれを使って外しました。

 

プライヤーを使う場合は、部品を傷つけないように布巾などを巻いてその上からプライヤーで挟むようにしましょう

 

こちらが箱の中身。

 

蛇口の部品が外れれば、あとの取り付けは説明書に添って行いますが、これは簡単です

 

すぐに取り付けができました。

 

こちらの機械では、「浄水」「原水」に加えて「シャワー」も利用できます。

洗い物の時など便利ですね。節水にもなります。

 

浄水器の利点

では、浄水器の利点を挙げてみましょう。

 

料理の時は圧倒的に便利

料理の水を使う時に非常に便利です。

ウォーターサーバーより浄水器の方が出る水の勢いが強いからです。

 

水タンクの交換がない

これが浄水器の最大の利点です。

 

ウォーターサーバーの場合、水が入ったタンクを機械の中に入れて使います。

このタンクは非常に重く、なくなった時に交換するのが手間です。

 

また、毎月決まったタンクが配送されてきますが、

重すぎるため宅配ボックスに入らず、毎回対面で受け取る必要があります。

 

さらにはひと月に使える水の量が決まっているため、

早めに使い切ってしまうと残りの期間をペットボトルの水に頼る必要が出てきます。

 

経済的

費用的にも浄水器に軍配が上がります。

 

僕が使っていたウォーターサーバーでは、7.2リットル×4パック=約30リットルがひと月分で価格は5000円弱です。

 

一方、浄水器は初期投資が5000円ちょっとで、その後のカートリッジ交換は600リットル使用ごとに3000円弱です。

水の量当たりに換算すると、実に30倍以上の価格差。圧倒的な経済性を誇っています。

 

場所を取らない

ウォーターサーバーは設置するのに場所を取りますが、浄水器の場合は場所を取りません。

 

ウォーターサーバーの利点

浄水器に負けていません。ウォーターサーバーの利点をご紹介します。

 

何といっても水が美味しい!

水の美味しさではウォーターサーバーの勝利です。

 

確かに浄水器でも水道水を飲むより全然美味しく飲めますが、

ウォーターサーバーの水の美味しさには遠く及びません

 

また、水の美味しさは温度にも左右されます。

 

ウォーターサーバーですと、よく冷えた水が出てきますが、

浄水器だと常温です。この感じだと夏は冷やしたり氷を入れて飲まないと美味しくないと思います。

 

温水が出る

これも大きなメリットで、ウォーターサーバーだとボタン一つで温水が出ます

 

コーヒーを淹れる場合には、もう少しポットなどで沸かす必要がありますが(それでももともと熱いのですぐに沸く)、

逆に緑茶などの場合はそのまま直に注ぐとちょうどいい塩梅の温度になります。

 

まとめ

ということで、浄水器とウォーターサーバーのそれぞれの利点をあげてみました。

 

個人的には浄水器がやはり便利だなと感じました

お金と場所に余裕のある方はウォーターサーバーも置くと最高だと思います。

 

もし、ペットボトルの水で頑張っている人がいたら、ぜひ浄水器を検討されると良いですよ

ペットボトルの水だと購入から使い勝手、ゴミの処理までとにかく無駄が多いです。

 

その手間を考えたら浄水器に変えた方が日常の暮らしやすさが格段に向上すること間違い無しです。

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー