ミラーレス買ったら、料理写真がまったく見違えた話

こんにちは。

管理栄養士の圓尾(まるお)です。

初めての方は、こちらからどうぞ

 

フリーランス生活五年目。

 

まったく料理のできない栄養士でしたが、

三年ほど前からいくつか料理教室に通ったり

個人レッスンを受けたり、自分で作りまくった結果、

 

去年ぐらいから料理の仕事もぼちぼちいただくことがあり、

この秋からは料理教室も始めました

 

 

しかし、こうして料理関係の仕事が増えてくると一つ問題が…

 

僕、カメラを持っていないのです!

 

では、これまでどうしていたかというと、

Appleの名機、iPhoneで頑張っていました…。

 

もちろんライティング機材などもなしで、

普通にリビングの照明で撮影していました。

 

で、さすがにこれはまずいな〜と、限界を感じたわけです。

 

ということでついに、買っちゃいました

 

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!

 

FUJI FILMのX-A3

 

ミラーレスです。

 

 

そして、ついでに照明器具も買っちゃいました。

 

 

 

さて、ではその結果写真はどうなったかといいますと、、、

 

このおひつごはんが……

 

ザン!!!!!!!

 

そしてそして、、、

 

このさばの味噌煮定食が……

 

ザザザーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!

 

やっぱり全然見違えるわけですね。

 

思いました。

なぜもっと早く投資しなかったんだろうと……。

 

 

僕はテーブルコーディネート系の資格は持っていませんし、

日常の気取らない料理を伝えたいので、華美に装飾することはしませんが、

 

それでも見た目って料理の重要な要素です。

簡素な食事でも、ちゃんと撮れば、その魅力を最大限に伝えられる

 

そして何より、料理の写真撮るのが今までの何倍も楽しくなっちゃいました(^^)

 

ということで、料理を仕事にしたいと考えている方は

カメラと照明器具はサクッと用意しちゃったほうが良いかもしれません。

 

そして自分がちゃんと写真を撮りだすと、

レシピ本を見る目が全然変わってくる!

 

なんかそのうちフードコーディネーターの資格も取りそうな気がしてきた……笑。

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー