中国の長寿地域でも食べられていた ヘンプシード(麻の実)の栄養と活用法

中国の長寿地域でも食べられていた ヘンプシード(麻の実)の栄養と活用法

こんにちは。

管理栄養士の圓尾(まるお)です。

初めての方は、こちらからどうぞ

 

戦後日本が失ったしまったものは数多くありますが、

そのうちの一つがです。

 

麻は古来より八穀の一つとして広く食べられ、

戦前まではお米と並んで盛んに栽培されていました

 

それが戦後の規制で

日本で麻を栽培することは免許制になり、

生産量がほとんどなくなってしまったのです。

 

しかし、今そんな麻がなんとか輸入で入るようになり、

じわじわ浸透の兆しを見せています。

 

今回はそんな麻の実、

ヘンプシードをご紹介したいと思います。

 

※ 初めての著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中!!


 

中国の長寿地域でも食べられていた ヘンプシード(麻の実)の栄養と活用法

100歳を超えるお年寄りが元気に暮らす町の秘密

世界を見渡すと、

この麻の実を日常的に食べている地域があります。

 

それが、中国南西部の町、巴馬(はば・バーマ)村です。

 

この地域では朝に

麻の実が入ったおかゆを食べる習慣があり、

 

一日の摂取量は40〜50gほどにも及ぶといいます。

 

そしてこの巴馬村の大きな特長が、

100歳を超える長寿者がゴロゴロいることです。

 

巴馬村の老人たちは元気に野良仕事をこなし、

ひいおばあちゃん、ひいひいおばあちゃんと

一緒に暮らす家族が当たり前のように見られます。

 

世界五代長寿の里にも認定されるなど、

世界でも指折りの長寿地域になっています。

 

では、実際に麻の実には

どんな栄養が含まれているのでしょうか。

 

麻の実の栄養

まず特筆すべきがそのミネラル含有量です。

 

鉄、マグネシウム、亜鉛などが特に豊富で、

巴馬村の人のように

一日に40〜50gとると、

 

それだけで一日に必要なこれら三つのミネラルの

約半分の量を摂取することができます

 

同じく種実類のごまと比べても

その量は上回っています

ただし、カルシウムはごまのほうが断然多い)。

 

さらにオメガ3系脂肪酸である

α-リノレン酸も多く含みます

 

EPAやDHAと並んで

オメガ3系に分類されるこの脂肪酸は

 

現代人が積極的にとりたい油で、

その健康効果は上げだせばキリがないぐらいです。

 

脳の機能を向上させ、

血管内を綺麗に保ちます。

 

さらには、

γ(ガンマ)-リノレン酸という

別名ビタミンFと呼ばれる脂肪酸を含むのも大きな特長で、

 

この脂肪酸はイギリスでは医薬品として使われており、

アレルギー抑制や

女性のPMS、更年期障害などに有効とされています。

 

このγ-リノレン酸は月見草油など、

ごく一部の植物性油にしか含まれませんが、

麻の実も数少ない、γ-リノレン酸を含む植物です。

 

麻の実はどうやって食べればいい?

 

我が家で使っている麻の実。

 

中を取り出すと、

麻の実はこんな色形をしています。

 

香りをかぐと、こうばしいナッツのような香りがします。

 

この麻の実をどう使えばいいか、ということですが、

ごま感覚で何にでも使えます

 

卵かけごはんに振りかけたり

コクが加わって美味しい!

 

ごま和えならぬ、麻の実和えにしたり、

ごまと半々で割るのもオススメ

 

ごはんに混ぜ込んでおにぎりに

しらすとの相性も抜群です

 

こんな感じで、台所に一袋常備しておけば、

手軽にいろんな料理に使うことができます

 

まとめ

つい数十年前までは日本人が日常的に口にし、

今でも中国の長寿地域では愛用されている麻の実。

 

あなたもぜひ、この奇跡の実を

食卓の一員に加えてみてはいかがでしょうか。

【参考】γ-リノレン酸 – 日清オイリオ

 

※ 初めての著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』好評発売中!!

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー