もしも人生をテレビゲームだと考えたら・・・ そのルールブックはこうなる!

a0001_008155

先日、おもしろい記事を見つけました。

人生をテレビゲームだと考えると、ルールブックはこうなる(Lifehacking.jp)

 

人生をテレビゲームに例えて、どうすればこのゲームをうまくクリアできるというルールがわかりやすく紹介されていました。

おもしろかったので、元のサイト(Life is a game. This is your strategy guide.)を読んでみました。

すると、後に出てくる「お金」の項目と「人生の最後」の項目もおもしろかったので、このエントリで紹介したいと思います。

 


 

お金お金お金

a0002_006814

ゲームが進むにつれ、「お金」という新しいリソースを管理する必要がくるでしょう。

ほとんどのプレイヤーはゲームの序盤に比べて、お金が増えていきますが、より多くの問題を生み出すことにもなります。

 

お金に関する一番大事なルールは、決して借りないことです。

ただし、より多くのお金を産み出してくれるものに使う場合は例外です。

たとえば、教育や住宅ローンは価値があるものになる可能性があります(しかし、必ずしもそうとは限りません)。

あなたがどれぐらいのお金を得たいかによって、心得ておくべき戦略が違います。参考にしてみてください。

 

お金に関して悩まないレベル

ストレスが少ない戦略です。自分の財力に応じた暮らしをし、もしもの時のために少しの蓄えをしておきましょう。
しかしながら、その中で得られた時間を有効活用しないと後で悔やむ人生になります。

 

富裕層レベル

キャリアと環境を注意深く選びましょう。そしてどんどん給与のいい仕事に転職できるように準備しておきましょう。
自分のスキルを磨くことに思いっきり時間を投資しなくてはなりません。
頑張りすぎて燃え尽き症候群にならないよう注意です。

 

大富豪レベル

自分のビジネスを立ち上げましょう。
誰かのもとで働いて裕福になるのは、ほとんど不可能です。
裕福さは一人で働いていても得られません。資産を所有しなくてはなりません。
資産というのは、それに費やしたお金よりたくさんのお金を産み出してくれるものです。
あなたが自分で会社を起業するというのは、イチから資産を築いていく方法としては非常にパワフルな方法です。
得たお金をさらに別の資産に投資し、最終的にはまったく働く必要すらなくなります。

 

人生の終盤

a0001_016593
すべてのプレイヤーは29000日(80年)ほどで死にます。

いい状態を保っていれば、もう少し長く生きれることもあります。

寿命を伸ばす裏技はありません。
ゲームを始めたばかりの頃は、自分がどんなキャラクターで、周りの環境がどうあるかということに関してはまったくコントロールができません。

ゲームの終わりにさしかかると、また同じ状況が起きます。

あなたが過去にした選択があなたが最終的にどうなるかということにものすごく影響を与えます。

 

最後の瞬間、幸せかどうか、健康かどうか、満たされているかどうか、それを変えるためにあなたができることは、もはやほとんど残されていません。

だから戦略が大切なのです。

なぜなら大体のプレイヤーはこのゲームがどんなゲームかに気づいた時にはすでに、一番おもしろいゲームのパートは過ぎ去ってしまっているからです。

さあ、それではあなたのゲームを再開しましょう。

 

まとめ

人生を俯瞰的に、ゲームに例えて考えるという発想がおもしろいですね。

客観的に自分を見つめ直すきっかけになります。

ルールをおさえて、有利にゲームをプレイしたいですね。

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー