着物で240日間生活してみた僕が、うまい返答が見つからないフレーズ5つ

 

thumb_img_4682_1024皆さん、こんにちは。管理栄養士の圓尾(まるお)です。

(はじめての方は、こちらからどうぞ

 

去年の冬から少しずつふだんぎ着物生活を始め、毎日着物で生活するようになってから八ヶ月になりました。

 

日々着物で生活していると、嬉しいことも悲しいことも含めていろんな体験をさせてもらえます。

 

今回は人との会話の最中、よく言われることで、何と答えたら良いのかわからない、というか、「誰か良い答え方教えて!」って思うようなフレーズを五つ紹介してみようかと思います。

 

誰得?って感じのテーマですが、軽い読み物として、よろしければ、お付き合いください。

 


 

着物で240日間生活してみた僕が、うまい返答が見つからないフレーズ5つ

 

壱、「スゴいですね」

えっ、今日は何かあるとかではなくて、普段から着物なんですか?スゴいですね!

「いや〜…そんなことないですよ、ハハ」

 

これはよく言われるのですが、当の本人はスゴいとも何とも思っていません。

 

日本で表を歩く上では、何らかの衣服を身につける必要があります。

その時、選択肢は二つです。

 

洋服か和服か。

 

僕は、たまたま和服を選んでいるだけです。

 

ラーメン屋に入って、醤油ラーメンを頼むか塩ラーメンを頼むか。

別に塩ラーメンを選んでもスゴくも何ともない。例えるとすれば、そんな感じです。

 

多分、「スゴいですね」と言われる理由は、着物を着て生活をすることが、洋服を着て生活するよりも難しいという思い込みがあるのだろうと思います。

 

僕にとっては着物を着る方が楽です。

 

弐、「徹底してますね」

「ホントにずっと着物なんですか?」

「そうですね〜、寝る時も浴衣ですし、プライベートも、仕事も支障がなければ着物ですね」

へえ〜、徹底してますね!

「いや〜…ハハ」

 

僕に”徹底している”という意識はまったくありません。

 

それを言うと、世の中の大半の人は”洋服を着ることを徹底している“ということになります。

でも、そこに別に「徹底している」という意識はないはずです。

 

僕が着物を着る感覚もそれと同じ。

 

えッ!三食ごはんなんですか?徹底してますね!

 

えッ!一杯目はいつもビールですか?徹底してますね!

 

えッ!カフェでは必ずブラックコーヒーですか?徹底してますね!

 

もうくどいですね笑。

 

ただ好きだからいつも着ているだけ。ただそれだけなんです。

 

参、「何着持ってるんですか?」

着物って何着ぐらい持ってるんですか?

「えーっと……。数えてないですが、結構持ってるかな〜。ハハ」

 

これも聞いてしまう気持ちはわかるのですが、ちゃんと数えていません

 

着物って高そうな印象持っている人が多いですよね。

確かに新しく仕立てるとそれなりにしますが、中古品であれば、それこそ数千円から手に入ります

着物が良いのは、ワンピースみたいに一着で上下揃うことだったりします。

 

さて、皆さんは「洋服を何着持っていますか?」と聞かれたら、何と答えるでしょう。

正確に「●着です!」と答えられる人はまれだと思います。

 

四、「うまくブランディングできていますね」

圓尾さん、着物でうまくブランディングできていますね

「いや〜、ハハ……」

 

これも勘違いされがちなのですが、僕は別にブランディングなんかのために着物を着ているわけではありません

 

もしブランディングで着物を着たいという人がいたら、どうぞ挑戦してみてください。

おそらく挫折すると思います。

 

ぶっちゃけて言うと、着物で生活するのは、慣れるまではマジで大変です。

 

 

着物を着るために必要な品物を一式揃えるところから、

 

着付けのやり方、TPOに合わせた着物の選び方、

着崩れた時の対処、お手洗いでの用の足し方、

足さばき、雪駄での歩き方、袖の扱い方、

階段の昇り降り、混雑する電車やバスの中での所作、

食事をする、料理をする、洗濯、たたみ方、などなどなどなど、、、、、

 

洋服での生活に慣れきり、道路や家具など、社会の施設等の環境も洋服に合わせたものになった現代において、着物で生活を始めることはそれなりに大変です。

 

僕も最初はメッチャ苦労しましたし、

恥ずかしい思いもいっぱいしました。

 

じゃあ、なぜそこまでして着物で生活してみようと思ったか。

 

それはただ単に「おもしろそうだから」という理由です。

 

江戸時代の人が毎日生活していた衣服で暮らしてみたら、どんな世界が見えてくるんだろう

 

ただそれを確かめてみたかっただけという、中二病丸出しのバカみたいな理由です笑。

 

結果的にブランディングになっているかもしれませんが、誰も見ていないところでも着物で生活している僕にその意識はまったくありません。

 

五、着方に対するあらゆる批評

僕が着物着ていて一番大っ嫌いなのが、人の着方に対してグチグチ文句を言ってくる人です。

 

「着物たるもの、こうあるべき」という主張をする人。

 

確かに冠婚葬祭で着るような由緒正しき格式高い着物は別です。

そこは伝統を守っていかないといけない。式服の着方まで崩れ始めると、由々しき問題だと思います。

 

でもね、普段着の着物に決まりなんて必要でしょうか

 

いろいろ考えはあると思いますが、僕はまったく必要ないと思います。

 

今ある着物だって、時代とともに変化してきたものです。

それが昭和ぐらいからみんな洋服を着るようになり、進化が止まってしまった。

 

着物も、現代に合わせて進化して行くほうが自然だと思います。

 

化繊の浴衣があっても良いし、帯の位置が高かろうが、結び目が中心にきてなかろうが良いじゃないか。

 

女性が髪をおろして着物を着たって、ブーツ履いたって、男みたいな帯を締めても良いじゃないか。

 

その人は基本を知った上でそうしているのかもしれないし、何にも知らずにそうしているのかもしれない。

 

でも、本当におかしいものは日本人の美的センスが自然と淘汰してくれるはず。

 

結局、それを”カッコ良い”と思う人が多くなれば、残るだろうし、”ダサいよね”と思う人が多ければ廃れるだけ。

 

ファッションはそうして発達してきたはず。

これまでだって、これからだって。

 

 

そして、

 

街中で平気で人の衣服についてけなしたり、あまつさえ、勝手に触れて直そうとしてくる人。

 

もう着物うんぬん関係なく、非常識極まりないです。

 

じゃあ、あなたはスーツ姿の男性をつかまえて、「ちょっとあなた。ネクタイの締め方がおかしいわよ」と勝手に首元に手を伸ばして締め直すのですか?

 

着物を特別扱いしないでもらいたい

 

そんなことすると、余計に着物離れが進み、滅んでいくだけです。

 

 

意見を述べるのは良いと思うんです。

 

それは洋服だって、女性の露出が多いカッコはみっともないとか、男性でレギンスを履いたりマニキュアをするのは賛否両論あると思います。

ただ、それは勝手に思っていれば良いだけで、わざわざ面と向かって指摘したり、自分の価値観を押し付ける必要はありません。

 

もっと着物は自由でいいはずだ

“着る物”と書いて着物なのだから。

 

まとめ

とにかく毎日着物を着ていると、面倒なことが多いです。

その面倒なことは、着物そのものに関することではなく、周りの人からどう思われるかという苦労です。

 

でも僕はいつもそんな面倒にあった時、スタジオジブリ作品「耳をすませば」の雫のお父さんの台詞を思い出すようにしています。

 

雫、人と違うことをするのはそれなりにしんどいぞ

 

そう、現代において洋服と和服は自由に選べることは間違いないのですが、世の中の99.999……%の人が洋服を選んでいるこの世界で、和服を着て生活することは明らかに”人と違うこと”をしているのです。

 

自分からそれを理解した上でその選択をしているのだから、多少の面倒は受け入れるべきだ。

最近ではそんな、良い意味での諦めができるようになってきました。

 

着物を着て生活することのワクワク感、快適さ、心地良さは、そのあらゆる面倒を差し引いたとしても、何物にも代えがたいものなのだから。

 

だから僕は今日も、誰かに後ろ指を刺されながら、何着持っているか把握していない着物を、普段から徹底して着るというスゴいことをしてブランディングをしていくのです笑。

ファスティングサポート
おすすめ酵素ドリンク
食生活相談所

COMMENTS & TRACKBACK

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By なかちゃん

    はじめまして。ブログ拝見しています。僕もプライベートではよく着物を着る着物男子です。今回の内容よくわかります。洋服の時はないのに着物の時だと何故?って。僕は下は褌?と聞かれることもありますね。僕は六尺褌です。着物姿だけでは、あまりないのですが、煙管を吸い始めると、徹底してますねや、凄いですねと言われることが多いですね。時と場合によりますが、着物に好印象をもってくれて、着てみたいと思っている人には着てもらうこともあります。好きで着てるだけなので、気にしないようにしてます。

    • By カズキ

      なかちゃん、コメントありがとうございます。
      着物男子、素敵ですね。
      煙管をくゆらす姿は様になりそうです^^
      世の中の着物に対する偏見がなくなっていくと良いですね。

  2. By mimi

    はじめまして。ブログ拝読しましたが着物男子素敵だと思います!

    私も去年から着物を普段にも着るようになって、週のうち3日程度ですが着物生活をしています。
    やはり「今日は何かあるんですか?」って聞かれちゃうんですけど、最初の頃は「今日はお稽古の帰りで」って言ってました。
    でもそんなしょっちゅうお稽古もないので、最近はよく行くカフェの店員さんには正直に「洋服のコーデ考えるより着物でパッと出掛ける方が楽なので」とか言ってるんですけど…着物が楽??みたいな不思議な顔をされちゃいますね(笑)。
    しかも冬場は動きやすさと温かさから袴ばかりはいているのでどうしても人目につくようで…。
    声をかけてくださる方は好意的な方たちばかりなのでとても嬉しいのですが、やはり「何故?」というのを説明する度言葉に詰まってしまいます。

    皆さんはそういう風に聞かれたときどんな風に答えてるんだろう?と思って検索していて、こちらの記事に辿り着きました。
    読んでいて「あーわかる!あるある!」って思いましたし、少し気持ちが楽になりました。塩ラーメン、いいですね。
    雫のお父さんの言葉、覚えておきます!

    • By カズキ

      コメントありがとうございます。
      袴、良いですね!僕も袴好きです。やはり、男性の袴姿はカッコ良いものですよね^^

      確かに、着物が楽という感覚は、なかなか着物を着ない方には伝わりにくいですよね。
      伝わらないものを無理に伝えるよりも、その場の会話を楽しんだ方が良いのかもしれませんね!

  3. By 匿名

    はじめまして!

    着物初心者ですが色んな所で食事をしてみたい!
    ………”ラーメン、着物”で検索したところ、まるおさんのブログにたどり着きました!
    ラーメン屋さんに入るのは良いのだろうか…など考えながら始め読んでおりましたが、
    もはやそんな事どうでも良いのだということが分かりました。
    洋服か、和服か。
    そこの違いですね。
    読んでいて本当に納得する事ばかりで、初心者故に聞いてくる方の気持ちも分かり、苦笑いをしてしまいました。
    私は着物を普段着で着てみたいなぁ…という想いから着物を着はじめました。
    ボヤ~っとしすぎて着物の柄のルールなど、格式ルール決まった着方はまだまだ分かりません。
    しかし、普段着として着るのだから別にキチッと考えなくても良いのかなと、心がすっきりしました。
    まるおさんの様に素敵な着物ライフを満喫しようと思います!

    • By カズキ

      こんにちは!コメントありがとうございます^^
      普段着着物への障壁が下がったみたいで、良かったです。
      着物というと、どうしても”伝統衣装”と格式ばった感じに捉えてしまいますが、普段に着るのであればもっと気軽でいいと思います。
      案外、昔の人の方が今の人より適当に着物を着ているのかもしれません笑。

      ぜひ、着物姿でいろんなところに出かけてみてくださいね^^

  4. By ヨシチャン

    初めまして!

    ブログを読んでいて深く共感しました。読みながら頷きすぎて酔うかと思いました。笑
    という私は和服生活をしていないのですが。
    私は2004年から海外生活をしていますが、日本を離れた事 又、年を重ねた事もあり日本の文化・習慣がなんて素晴らしいものだったんだろうって気づかされました。ふと和服着たいなぁ〜って思った時に出会った圓尾さんのブログでした。
    自分自身で自由に選択してると思っててもそれでもまだ誰かが決めた枠の中での選択にすぎない事もあるんだって事なのかな、とか、そんなことを疑問にも持ってない事がたくさんあるなぁって改めて感じました。 大衆意識やブレインウォッシュなんて言う言葉がぼんやり浮かびました。
    ここは英語圏ではありますが、移民の国で、様々な民族衣装の人々を毎日見かけますが日本人で和服の人に会った事はありません。よーし今度日本に帰省したら和服集めだ!

コメントをお寄せください

*

FACEBOOKでコメント

スポンサー